妄想毛鉤喫茶

ウエットフライ-wet flies-

ジョックを巻く

ジョック・スコットの簡易版…ってことらしいのですが、簡易版の割にはなかなか厄介なパターンだと思います。
その他-others-

雑感

※この記事は、個人の考えです。人の数だけ考え方があると思いますので、他者の考えを否定するつもりは一切ございません。その点をふまえて読み進めて頂ければ幸いです。
ドライフライ-dry flies-

スペントホッパーを巻く

夏から秋にかけて河原で見かけるバッタたち。有名なホッパーパターンといえば、Dave's Hopperでしょうか。とても魅力的なパターンだと思います。あの一目で伝わるバッタ感。初めて見た時は「フライってすげーな!」なんて思ったものです…。
ドライフライ-dry flies-

パラシュートアントを巻く

アントは重要な捕食対象 タイイング動画はこちらから→エサ釣りのエサとして用いることは難しいありんこ。しかし、渓魚は確実に捕食しているありんこ。そんな小さな彼らを模すことで釣果をあげることができるのもフライフィッシングの楽しいところかなーなん...
ドライフライ-dry flies-

ロイヤルコーチマンを巻く

ロイヤルコーチマン雑感 タイイング動画はこちらから→ロイヤルコーチマン。美しいフライ。ただ、少しハードルが高いパターンだと思います。クイルウイングの立ち上げ、ゴールデンフェザントティペットの取付け、2枚重ねのハックリング。(1枚でも良いです...
その他-others-

簡単!ストリップドピーコックの作り方

液状絆創膏を使ってストリップドピーコックを作る方法
ドライフライ-dry flies-

エルクヘアカディスを巻く

自分の中でこれほど形が決まっていないフライはありません。
ドライフライ-dry flies-

パラシュートニンフを巻く

パラシュートニンフ。使用頻度が最も高いパターンです。 CDCを使用したパターンとは違ったパラシュートパターンならではの手返しの良さ、使いやすさが気に入っています。(もちろんCDCにはCDCの良さがありますが)
ドライフライ-dry flies-

フェザントテイルパラシュートを巻く

カゲロウを模しているつもりなので、マッチザハッチの釣りも成立しますし、そうでない時もパイロットフライとして信頼しているパターンです。個人的には、まず最初に結ぶパターンの1本として長年上位に君臨しています。
ドライフライ-dry flies-

イワイイワナⅡをキレイに巻く

岩井渓一郎氏の名を冠する半沈系テレストリアルパターン。個人的夏の必携パターンです。アレコレ試行錯誤して、ここ10年は動画で紹介した巻き方です。フロスを変えるだけで、カラーバリエーションが簡単にできて楽しいというのも、このフライの良いところ。「1色あればいいじゃないか」なんてそんな寂しいことを言わずに、色んなカラーで楽しみませんか。
タイトルとURLをコピーしました